/

この記事は会員限定です

コロナ薬「特許に制限」浮上

途上国など、公共の利益優先求める 製薬会社への補償、議論必要

[有料会員限定]

各国の製薬会社が新型コロナウイルス感染症のワクチンや治療薬の開発を急ぐなか、薬の特許権に制限をかけようとする動きが相次いでいる。途上国の政府などが、特許技術を第三者が許可なく使える「強制実施権」の発動を検討し、メーカーに安く薬を供給することを促している。「公共の利益」を守るための伝家の宝刀だが、新薬メーカーへの打撃も大きい。

非政府組織(NGO)の「国境なき医師団」は3月下旬、「新型コロナ治療薬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1418文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン