JR東がCP900億円 鉄道収入減、手元資金厚く

2020/4/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

JR東日本は16日に総額900億円のコマーシャルペーパー(CP)を発行する。期初に発生する資金需要を見込んだほか、新型コロナウイルスの影響で鉄道収入が減っていることを受け、手元資金を積み増す。JR東は3月にもCP、4月には過去最大規模の社債を発行しており、1カ月で総額3650億円を調達することになる。

今回のCPは50億円分を期間3カ月、850億円分を6カ月で発行する。利率は0.12~0.155…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]