/

この記事は会員限定です

コロナ禍、代行ロボの出番

中国先行、1分で200人検温 国内勢のZMPは消毒用

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、各地でロボットの活躍の場面が広がってきた。従来、効率性を目的としていたロボットが感染症対策の安全用途でも注目され、人が接しない搬送や、消毒など医療体制を支える用途が急増する。人が担ってきた業務を代替するロボットは人工知能(AI)でより賢くなり、世界で4兆円市場の潜在性がある。米中などの企業が実用化を急ぎ、日本勢も素早く市場に投入できるかが重要だ。

米アリゾナ州...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン