/

この記事は会員限定です

ネット系、機敏に対応

作業机購入へ一時金 ネット飲み会に補助

[有料会員限定]

規模の小さな企業でも大阪市内のネット系では、自社の社員の在宅勤務を後押しする取り組みが広がっている。職場に近い環境を整えるのを補助したり、社員のつながりを保つようネットを通じて飲み会を開く「オン飲み」を支援したり。パソコンがあれば業務をしやすいうえ、スタートアップならではの機動力を発揮している。

ソフト開発のフェンリルは4月初旬、全社員350人に5万円の一時金を支給した。「通信環境がよくない」「ソ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り574文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン