/

この記事は会員限定です

外国人243万人、最多に 人手不足補う

昨年10月時点、20万人増 コロナ禍、生活支援課題

[有料会員限定]

総務省が14日に公表した2019年10月1日時点の人口推計で、外国人の入国者数から出国者数を引いた社会増加が初めて20万人を超えた。4年前と比べ倍の規模。人口減が進む日本の人手不足を補う層として厚みを増している。ただ足元は新型コロナウイルスの感染拡大で流入にブレーキがかかる。コロナ後も見据え、生活環境の整備など定着支援も課題になる。(1面参照

外国人の社会増加は7年連続となる。増加幅は毎年拡大し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1338文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン