/

この記事は会員限定です

「ホット・ゾーン」を読み直す

作家 篠田節子

[有料会員限定]

やむを得ない事情で外出はしても、圧倒的に自宅で過ごす時間が増えた今、絶好の読書シーズンでもある。

時節柄、カミュの「ペスト」が売れているらしいが、私の一押しはエボラ出血熱を扱ったリチャード・プレストンの「ホット・ゾーン」の方だ。同作に着想を得て製作された映画「アウトブレイク」を見て、読んだ気になってはいけない。ノンフィクションと小説の中間を行く構成と描写は、映像以上の迫真性と現実感を帯びている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り452文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン