/

この記事は会員限定です

心がすり減りつつある時に 米澤穂信

必然性ない本に手を伸ばす

[有料会員限定]

文化はどのような災禍の中からも生じる。人間とは、戦地でさえ詩を詠み歌を唄(うた)うものであるらしい。明日は21世紀の『デカメロン』が書かれるかもしれない。だが今日は、まだ頭を引っ込めていた方がよさそうだ。

可能な限り多くの情報に接しなければならない仕事もある(医療、物流、報道、行政そのほか難局に対応するすべての人々に敬意を払います。彼らが充分(じゅうぶん)に報いられることを願います)。また、厳密...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り806文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン