/

この記事は会員限定です

海洋プラごみ、光で簡単判別 海洋研究開発機構

[有料会員限定]

海洋研究開発機構は海を漂う微細なプラスチックごみ(海洋プラごみ)を簡単に見分ける技術を開発した。目の細かい網で海水をすくい、光を使ってわずか0.1ミリメートル大まで判別する。3年後をめどに自動計測システムを実現し、世界で海洋汚染の実態に迫る。

金の粒子をつけた網(フィルター)を使う。プラごみがあると光を当てた際の反射の強さが変わる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り168文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません