/

この記事は会員限定です

将棋指しの胸のうち

坂井修一

[有料会員限定]

谷合廣紀君は、プロの将棋指し(四段)である。同時に彼は、私の研究室に属する博士課程の学生であり、ヒューマン・コンピュータ・インタラクション(HCI)の研究をしている。

理系、特に情報科学の研究者というと、氷のように冷徹なアタマを想像しがちだが、そんなものではない。

今年のはじめ、谷合君はまだ、奨励会の三段リーグにいた。プロになる一歩手前だが、リーグで首位か2位になるか、次点(3位)に2度なるかで、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り652文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン