/

この記事は会員限定です

日本、G20主導し途上国支援を コロナ巡り寄稿

ブラウン英元首相・ラッド豪元首相

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に歯止めがかからない。英国の元首相ゴードン・ブラウン氏(国連教育担当特使)、オーストラリアの元首相ケビン・ラッド氏(米アジア・ソサエティー政策研究所所長)は日本経済新聞の英文媒体「Nikkei Asian Review」に連名で寄稿し、安倍晋三首相へ新型コロナ対策で20カ国・地域(G20)の首脳らをリードするよう提言した。

新型コロナによる経済危機は、健康を脅か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り886文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン