高速で細胞撮影 医療に活用 東京大学大学院理学系研究科助教 三上秀治氏

2020/4/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京大学大学院理学系研究科助教の三上秀治さんは、たくさんの細胞の鮮明な顕微鏡画像を高速で撮影する手法を開発した。多種多様な細胞の集団の違いを人工知能(AI)で識別し、有用な情報を探し出すのに必要なAI向けの「教師データ」を短時間でつくる。医学・生物学研究や創薬、診断などに今後役立つ技術だ。

内閣府の革新的研究開発プログラム(ImPACT)で、合田圭介東京大学大学院教授がプログラム・マネージャー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]