/

この記事は会員限定です

メキシコ政府、経済界と対立

新型コロナ対策巡り

[有料会員限定]

【メキシコシティ=宮本英威】新型コロナウイルスの対策を巡り、メキシコで政府と経済界の対立が深まっている。政府の貧困層向け中心の対策に、経済界は2020年の実質経済成長率がマイナス10%になる可能性があると反発するが、ロペスオブラドール大統領は相次ぐ解雇を一方的に批判するのみ。感染者が急増する中で経済の落ち込みも深刻になりそうだ。

「どうして労働者を切り捨てられるのか」。ロペスオブラドール氏は8日の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り347文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン