大機小機TOPIX改革へ選別の目を

2020/4/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

わが国の機関投資家の株式投資では、パッシブ運用と呼ばれるインデックス運用が多用されている。注目されるのは東証株価指数(TOPIX)がベンチマークに選ばれる比率が極めて高いことだ。

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の場合、国内株式運用の約90%はパッシブ運用で、そのうち70%以上がTOPIX連動型のインデックス運用である。

また、公務員年金や企業年金でも、TOPIXへの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]