/

この記事は会員限定です

米欧、株主還元に監視の目

政府、支援条件に自社株買い禁止

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則、ロンドン=篠崎健太】米欧企業の株主還元に監視の目が強まっている。米国は新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策で資金繰り支援の条件に自社株買いの禁止を盛り込んだ。フランスは救済資金を雇用の維持に使うよう求める。高水準の株主還元が格差を助長しているとの批判もあり、経済危機の中であり方が問われている。

トランプ米政権と野党民主党がまとめた2兆ドル(約214兆円)の緊急経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン