次世代スパコン「富岳」、新型コロナ研究に活用 運用を前倒し

2020/4/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

文部科学省は7日、新型コロナウイルス対策として、次世代の国産スーパーコンピューター「富岳(ふがく)」を活用した研究を始めると発表した。治療薬候補の探索や、ウイルス表面のたんぱく質のふるまいの予測などに使う。富岳は2021年の運用開始を計画していたが、前倒しして試行的に利用を始める。

富岳は国産スパコン「京(けい)」の後継機。富…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]