NY金、7年ぶり高値 景気減速懸念で買い集中

2020/4/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

金の国際価格がおよそ7年4カ月ぶりの高値をつけた。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物(中心限月)は6日の終値が1トロイオンス1693.9ドルと前週末から48.2ドル(2.9%)上昇した。新型コロナウイルスの感染拡大による景気不安から安全資産とされる金が買われ、一時は1700ドルを上回った。

米国では6日までに新型コロナによる死者数が累計で1万人を超えた。3月の米雇用…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]