祖国と別れ、ごみと出合った
米テラサイクルCEO トム・ザッキー

2020/4/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「世の中から捨てるという概念をなくす。それが創業当初から一貫した我が社の存在意義だ」。米テラサイクルの創業者で最高経営責任者(CEO)のトム・ザッキー(38)は熱く語る。場所は使用済みペットボトルの壁で仕切られた"重役室"のなか。「ここにあるものすべてが元はごみ。信じられないでしょ」。重厚な会議机をよく見ると、真ん中に小さい穴が2つ開いている。「冷蔵庫の扉を改造した。穴はロゴがついていた場所」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]