データの世紀情報パンデミック(3) 拒否薄れる個人追跡
総監視化の危うさも

2020/4/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「(個人情報の保護という)基本的人権を犠牲にして安全を確保すべきか、皆が自問している。時間が必要だ」。欧州連合(EU)のデータ保護当局は3月20日に急きょ、今後の5カ年戦略の発表延期を表明した。背景にあるのは、新型コロナウイルスが引き起こした、個人データを巡る欧州世論の激変だ。

EU方針揺らぐ

担当のヴォイチェフ・ヴィエヴィオロフスキー氏は「数カ月前は従業員の監視システムを導入した企業をばかにした…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]