/

この記事は会員限定です

緊急事態宣言「首相が近く判断」の見方

政府内に容認論

[有料会員限定]

安倍晋三首相は5日、首相官邸で加藤勝信厚生労働相、西村康稔経済財政・再生相らと会談し、新型コロナウイルスの感染拡大への対応を協議した。東京都で1日あたりの新規感染者数が最多を更新するなど厳しい状況が続き、政府内で緊急事態宣言に関し「首相が近く判断するのではないか」との見方が出始めた。

新型コロナの対策を担当する西村氏は5日のNHK番組で、緊急事態宣言について「必要なら躊躇(ちゅうちょ)なく判断する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り256文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン