/

この記事は会員限定です

新型コロナの重症者 量子計算で病院配置

[有料会員限定]

東北大学 新型コロナウイルスの世界的な流行(パンデミック)を受け、量子コンピューターを活用して感染拡大などを防ぐ国際プロジェクトに参加した。「量子アニーリング」と呼ぶコンピューターを活用。多数の組み合わせから最適な選択肢を求め、重症患者を効率よく病院に割り当てる方法などを探る。

カナダのDウエーブ・システムズが3月31日、新型コロナに関わる問題を解決する国際プロジェクトを立ち上げた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン