/

この記事は会員限定です

統合失調症薬の効用 仕組みを実験で発見

[有料会員限定]

 ■東京大学 河西春郎教授らは統合失調症の薬が妄想などを抑える仕組みの一端をマウスの実験で見つけた。この薬は神経細胞でドーパミン受容体の働きを妨げるが、なぜ効くかは不明だった。

統合失調症は約100人に1人が発症するとされる。幻覚や妄想などの症状がある。若年での発症が多いが薬の効果は限られている。

研究チームは特定の周波数の音を鳴らすとともにマウスに水を与える実験をした。マウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン