/

この記事は会員限定です

大都市の小中 休校延長

感染拡大阻止を優先 東京の21区GWまで

[有料会員限定]

週明けに迎える新学期について、新型コロナウイルスの影響で、東京都心部や大阪、横浜など大都市部の公立小中学校が休校措置を軒並み延長することが4日、日本経済新聞のまとめで分かった。東京23区のうち21区は再開を5月の大型連休明けにする。休校継続は子どものストレス増加や学習の遅れ、働く親の負担増など影響も大きい。専門家は支援体制の充実の必要性を訴えている。

感染確認の多い東京都心部と大阪、横浜、名古屋、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り486文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン