データ通信量、4割増加 在宅勤務・休校が影響
3月、前月比 回線増・画質制限が急務

2020/4/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で、データ通信量が急増している。国内通信大手によると、3月下旬の通信量(日中)は2月比で最大4割増。世界でも同様にデータ通信量が膨らんでいる。外出自粛でテレワークが広がり、企業の利用と動画配信サービスが増えている。外出抑制に加え、遠隔授業の本格利用が始まれば、通信ネットワークの停滞懸念が強まりそうだ。(関連記事総合1面に)

3日、国立情報学研究所はデータ利用を巡るシン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]