/

この記事は会員限定です

中国カフェ大手、会計不正 スタバの対抗馬「ラッキン」

「売上高水増し」米社指摘 大量出店戦略に影

[有料会員限定]

【上海=松田直樹、張勇祥】中国カフェチェーン大手、瑞幸咖●(●はくちへんに非、ラッキンコーヒー)は2日、2019年12月期に会計不正があったと発表した。米ナスダック市場で株価は8割弱下落した。同社を巡っては米投資会社が20年初めに疑惑を指摘していた。会社側が不正を認めたことで資金調達に支障が出るのは確実で、経営危機に陥りかねない。

ラッキンによると、現時点では19年4~12月の売上高約22億元(約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1364文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン