/

この記事は会員限定です

「21世紀の資本」映画化 映像と音で説得力

[有料会員限定]

生産性の向上よりも資本の収益力の方が大きいことを、膨大なデータから説き起こして300万部の世界的ベストセラーとなった「21世紀の資本」が映画になった。

この映画のホストは著者であるトマ・ピケティ自身が務めている。現代はわずか数パーセントの富裕層に富が集中し格差が拡大していること、世界人口の3分の2の人たちが、親よりも豊かになれそうにないこと、貧困が人々の分断を生み、不幸な社会を作り出していることを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り654文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン