/

この記事は会員限定です

「何でも大豆化」浸透

たんぱく質、動物から植物へ

[有料会員限定]

健康重視やダイエット志向を背景に、食品業界で脱動物性たんぱく質の流れが起きている。フジッコの「大豆で作ったヨーグルト」や大塚食品の「ゼロミート」がけん引役だ。こうした"何でも大豆化"の背景には、ベジタリアンの多い訪日外国人が増加し、国内の大豆食品に光が当たったことがある。

最近、動物性たんぱく質から大豆を使った植物性たんぱく質への置き換えが著しい。象徴的な商品は大豆で作ったヨーグルト。大豆加工食品が得意な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1075文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン