/

この記事は会員限定です

相続財産の評価、路線価と限らず

一連の節税行為の有無 判断

[有料会員限定]

政府が相続税の節税封じを強化するなか、相続財産を路線価で評価することを否定する判決が関心を集めている。「路線価イコール相続財産の評価基準」と単純に考える人も多いが、判決を機に相続税のルールをより正確に把握しておく必要がある。

注目された裁判の判決は2019年8月、東京地裁で言い渡された。裁判では主に、相続財産のうちマンションの評価が争われた。

路線価による評価などを基に「相続税ゼロ」と申告した相続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り919文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン