/

この記事は会員限定です

マスク品薄でカスハラ激化

現場悲鳴、企業問われる対応

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻になるなかで、顧客が理不尽な要求をしたりクレームをつけたりする「カスタマーハラスメント(カスハラ)」の課題が浮き彫りになっている。特にマスクや消毒液の品薄が続くドラッグストア、スーパーマーケットなどの現場からは悲鳴が上がる。問題の長期化で従業員が体調を崩すほどのストレスを受ける可能性もあり、企業の対応も問われている。

「従業員がマスクをつけていれば『あるなら客に売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン