/

この記事は会員限定です

本の信用 どこで判断するか 米澤穂信

略歴や参考文献にも目配り

[有料会員限定]

乱読ほど楽しいことはない。知りたいという欲に身を任せ、自宅に眠る未読書の山のことなど忘れて書店のレジに本を積む快楽は背徳的ですらある。ただ、もし「この本は信用できるのかな?」という疑いが生じたら、見るところが何ヶ所かある。

国内ノンフィクションの場合は著者略歴を確認し、いま起きていることについて読むならもっぱらルポライターの、かつて起きたことについて読むなら現役の学者の本を選ぶ(何事も例外はあって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り798文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン