聖火リレー 「今のランナーが優先」

2020/4/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

スタート2日前に取りやめとなった聖火リレー。聖火は当面、福島県にとどめ置かれ、新たな号砲を待つ。期間やコースは見直すのか。大会組織委員会は「今のランナーの方々が優先的にリレーができるよう配慮したい」(武藤敏郎事務総長)としているが、コースなどで大幅な変更があれば約1万人のランナーに影響しそうだ。

五輪の聖火リレーは3月26日に福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)を出発、121日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]