/

この記事は会員限定です

渡航中止勧告、世界の3分の1超

帰国者の待機・帰路課題

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外務省は31日、感染症危険情報の水準を引き上げた。世界の3分の1超が渡航中止を勧告するレベル3の対象になる。これを受け、政府は自宅やホテルでの待機や公共交通機関の利用自粛を求める対象者を一気に増やす。負担の大きい要請には従わない人もいるため、政府は対応を検討している。

不要不急の渡航中止を促すレベル2は全世界が対象となる。帰国者は全員、自宅やホテルでの2週間の待...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り879文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン