米、コロナで対中不信増幅 国務長官「偽情報が流布」
イラン・ロシアにも矛先 電話会見

2020/4/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=永沢毅】ポンペオ米国務長官は30日、日本経済新聞などとの電話インタビューで新型コロナウイルスを巡る中国の対応に不信感をあらわにした。トランプ政権には感染拡大の元凶は中国共産党の体制そのものにあるとの認識があり、「新冷戦」とも呼ばれる米中覇権争いは激しさを増している。イランやロシアも「偽情報」を流していると主張し、警戒感を示した。

「私たちは『正確な報道が重要だ』と一貫して言っている

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]