三菱UFJ、損失3600億円 東南ア子会社の株価下落

2020/4/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は31日、東南アジアの子会社の株価下落を受け、2020年3月期の連結決算で約3600億円の損失を計上すると発表した。過去に出資したタイとフィリピン、インドネシアでの持ち分を減損処理しなければならなくなった。新型コロナウイルスの感染拡大による世界的な株安の影響で、日本企業による評価損の計上が広がりそうだ。

すでに19年4~12月期決算で、19年4月に子…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]