東レ・ニプロ・富士急 評価損 企業年金の運用成績も悪化

2020/4/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界的な株安の影響で、保有株や出資先企業の株価下落で評価損を計上する企業が相次ぐ。東レは31日、17年に出資した香港企業の株価が下落し、187億円の損失を計上すると発表した。企業年金の運用成績も悪化しており、2020年1~3月の運用利回りは四半期ベースで8年半ぶりのマイナス幅となった。

東レは香港証券取引所に上場するカジュアル衣料の生地を手がける関係会社の株価が大きく下落。買収時に計上したのれん…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]