/

この記事は会員限定です

政府会議の「3密」防ぐ

密閉・密集・密接 出席閣僚を分散

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府や与野党が会議の開催方法の見直しを始めた。首相官邸で開く政府の対策本部で出席閣僚を分散させる。自民党の部会も不要不急な会議の開催を見合わせる方向だ。「密閉・密集・密接」などリスクが高いとされる環境を避け、政府・与党内の感染を防ぐ。

安倍晋三首相は31日の閣僚懇談会で、新型コロナを巡る政府対策本部会合に出席する閣僚を分散させる考えを示した。

西村明宏官房副長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り422文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン