/

この記事は会員限定です

緊急事態宣言発令なら知事に権限付与

自粛要請、強制力なし

[有料会員限定]

菅義偉官房長官は30日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を発令するかについて「ギリギリ持ちこたえている状況だ」と述べた。安倍晋三首相が宣言すれば、都道府県知事が法律に基づいて外出やイベント開催に関する自粛などの要請や指示を出せる。強制力を持たない措置が多い。

菅氏は記者会見で、26日に政府対策本部を設置したのを受け、全都道府県でも対策本部が立ち上がったと説明した。「今がま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン