退職給付 非正規にも 主要118社調査、実施・検討6割 定年見直しは7割

2020/3/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

企業が働き方の多様化や高齢化に合わせて、退職給付制度(総合2面きょうのことば)の改革に乗り出している。日本経済新聞が有力118社の年金担当者にアンケートしたところ、契約社員など非正規社員への拡充を実施・検討する企業は60%だった。企業年金の大きなテーマとなっている定年延長を実施・検討する企業も75%にのぼる。人手不足が深刻になるなか、制度の魅力を高めて人材の確保を狙う。

アンケートは1~2月に実…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]