「外出控えている」8割に倍増 求める経済対策「生活支援」最多 世論調査

2020/3/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本経済新聞社とテレビ東京が27~29日に実施した世論調査で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け「普段よりも外出を控えている」と答えた人は83%に上った。首都圏の知事が外出自粛を呼びかけた直後で、2月調査の43%から倍増した。政府にまず求める経済対策は「家計への生活支援」が34%で最多だった。安倍内閣の支持率は48%でほぼ横ばいだった。

関連記事総合・政治面に

知事が不要不急の外出自粛を呼びか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]