/

この記事は会員限定です

同一賃金、非正規の待遇改善 4月こう変わる

改正民法、保証人の保護厚く

[有料会員限定]

4月から個人や企業にかかわる制度が一部変更になる。正社員と業務内容に差がない非正規社員の不合理な待遇格差の解消をめざす「同一労働同一賃金」が始まる。改正民法(債権法)の施行で、不動産賃貸契約などでは保証人の保護が厚くなる。新型コロナウイルスの感染拡大で国民生活は大きな影響を受けているが、これらの変更には対応する必要がある。

働き方改革関連法によって、同一労働同一賃金ルールの適用が順次始まる。正社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り770文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン