同一賃金、非正規の待遇改善 4月こう変わる
改正民法、保証人の保護厚く

2020/3/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

4月から個人や企業にかかわる制度が一部変更になる。正社員と業務内容に差がない非正規社員の不合理な待遇格差の解消をめざす「同一労働同一賃金」が始まる。改正民法(債権法)の施行で、不動産賃貸契約などでは保証人の保護が厚くなる。新型コロナウイルスの感染拡大で国民生活は大きな影響を受けているが、これらの変更には対応する必要がある。

働き方改革関連法によって、同一労働同一賃金ルールの適用が順次始まる。正社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]