/

この記事は会員限定です

売上高1カ月失えば…営業益2割弱減に

東証1部企業の来期

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が長引けば、企業業績は深刻な打撃を受けそうだ。日本経済新聞の試算では、東証1部上場企業は売上高が1カ月分なくなると、通期の営業利益が2割弱少なくなる。市場でも2021年3月期は減益との見方が出ている。新型コロナの抑え込みに時間がかかれば、日本企業は3期続けて最終減益になる恐れがある。

来期の売上高が1カ月分(8%)失われると仮定すると、営業利益は20年3月期見込み(3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り713文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン