13歳ワリエワ、強さ異次元 世界最高得点でジュニア初制覇 シニア見据え4回転磨く

2020/3/28付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

今月上旬のフィギュアスケート世界ジュニア選手権女子で13歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)が異次元の強さを見せ、ジュニア世界最高の合計227.30点で初制覇した。2022年北京冬季五輪は15歳で出場可能なフィギュア王国の新星。身長149センチと小柄なものの大技の4回転ジャンプと高い表現力を武器に、五輪の金メダル候補として注目を集めている。

フリーでは冒頭の4回転トーループで着氷が乱れたが、4回転―2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]