佐々木朗、変化球も手応え 制球には課題も

2020/3/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ロッテのドラフト1位ルーキー、佐々木朗希が27日、千葉・ZOZOマリンスタジアムで、2回目となるフリー打撃の投手を務めた。

直球に限定された24日の"初登板"に続く2度目の登板では変化球が解禁され、フォークボール、スライダーをまじえた。3年目の安田、2年目の山口に40球を投げ、18スイング中、安打性の当たりは2本だった。

大砲候補と期待される安田が139キロの高速スライダーのストライクと思われる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]