本別のキレイマメ 「黒いダイヤ」高級感前面
定番は素焼き、加工品も続々

2020/3/28付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

北海道本別町が地元特産の黒豆を「キレイマメ」として前面に押し出し、販路を拡大している。同町在来の希少豆は若い女性への受けも良く、町は「黒いダイヤ」と銘打って商品ロゴや包装にも高級感を出すなど工夫を凝らしてきた。地味な印象の強かった黒豆は健康志向の流れにも乗り、十勝を代表する地域ブランドへと化けつつある。

本別町の道の駅「ステラ★ほんべつ」には地元産の黒豆を加工した商品がずらりと並ぶ。納豆や味噌、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]