/

この記事は会員限定です

レジ袋「必要ならカード提示」辞退7割 経産省が実験

[有料会員限定]

経済産業省は27日、レジ袋削減に向けた実証実験の結果をまとめた。行動経済学に基づき、レジ袋が必要な顧客はカードを提示するようにしたところ、辞退率が70%超と実施前から大幅に上昇した。7月から義務になるレジ袋の有料化と合わせて、プラスチックごみの削減につなげる有力な手法になる可能性がある。

実験は経産省や財務省の敷地内にあるコンビニエンスストアで1月下旬から3週間実施。経産省ではレジ袋が必要な顧客が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り273文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン