/

この記事は会員限定です

たんぱく質合成 失敗再現

東北大など 神経性疾患予防に期待

[有料会員限定]

東北大学の稲田利文教授ら日独の研究グループは、細胞内でたんぱく質を合成している器官「リボソーム」が異常を感じて停止する詳しい仕組みを解明した。うまく停止しないと不良なたんぱく質が蓄積しアルツハイマー病などの神経変性疾患を起こすと考えられている。予防や治療法の開発につながる成果という。

リボソームはたんぱく質の設計情報を記録したRNA(リボ核酸)の塩基配列を読み取ってアミノ酸を合成、つなげてたんぱく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り395文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン