VC投資、世界で腰折れ

2020/3/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナは世界的なスタートアップ投資の冷え込みに追い打ちをかけそうだ。大手会計事務所KPMGの調べでは、世界のベンチャーキャピタル(VC)による2019年の世界投資額は2570億ドル(約28兆円)で、18年比で約15%減った。減少に転じたのは7年ぶりだ。落ち込みが大きかったのはアジア太平洋で、うち中国は56%減の446億ドルだった。

20年に入ってからの動きはまだ見えないが、米調査会社CBイン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]