筋ジス発症に関わるたんぱく質を特定

2020/3/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東北大学 青木正志教授らは筋ジストロフィーの発症に関わるたんぱく質を特定した。マウスの実験では、このたんぱく質の働きを既存の糖尿病治療薬などで活発にすると、病気に伴う筋力の低下が収まった。治療薬の実現につながる成果だという。

筋ジストロフィーは筋肉細胞にあるたんぱく質「ジスフェルリン」が欠損して起こる。筋肉組織を修復する機能が失われ、徐々に体が動かせなくなる。詳細な発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]