/

この記事は会員限定です

リチウム硫黄電池に革新

軽量・高出力で廉価

関西大、充放電回数増に成功 早大、手のひら大に大型化

[有料会員限定]

リチウムイオン電池を超す次世代電池と期待される「リチウム硫黄電池」の耐久性向上や大型化につながる成果が相次ぐ。関西大学など国内外の研究チームが充放電の回数を増やす技術を開発。早稲田大学は手のひらサイズまで大型化することに成功した。軽くて高出力という特長を生かし、携帯端末やドローンの電源として2020年代前半の実用化を目指す。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1576文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン