電子版 Selectionしょうゆの老舗、海外へ ビーガン市場にも対応

2020/3/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

海外で和食人気が高まっているといわれるが、日本のものをそのまま持ち込んでも市場を開拓できるとは限らない。伝統の味を守りながら、いかに現地に合わせてアレンジするか。そんな挑戦をしている老舗のしょうゆメーカーを紹介したい。

茨城県土浦市にある柴沼醤油醸造の工場。薄暗い蔵の中に入ると、人の背丈を超える大きな木おけがびっしりと並んでいた。この中で、しょうゆのもとになる「もろみ」の熟成がゆっくりと進んでい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]