活字の海で繰り返されるウイルスとの戦い 歴史人口学者の遺作が警鐘

2020/3/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

人類とウイルスとの戦いは両者が存在する限り永久に繰り返される――。近代以前の人口動態をデータを使って解明する「歴史人口学」の先駆者で、昨年12月に死去した速水融・慶応大学名誉教授は『日本を襲ったスペイン・インフルエンザ』(藤原書店、2006年)でこんな警告を発している。

同書では、1918年に発生した新型インフルエンザ(通称スペイン風邪)の流行や被災の状況を、各種の文書、公表資料や新聞記事を基に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]